本文へジャンプ
  1. リオネット補聴器ホーム>
  2. 補聴器Q&A>
  3. 使うときに心配なこと>
  4. 補聴器をなくしてしまった場合はどうなる?保証は?

補聴器をなくしてしまった場合はどうなる?保証は?

リオネット補聴器には充実した保証制度があります

リオネット補聴器には火災・盗難にあった場合の「事故保険制度」があります。

火災・盗難で補聴器をなくされた場合

補聴器をお買い上げの翌日より1年以内に、火災・盗難にあった場合、無料修理または同様機種による代替品提供(修理不可能の場合)をさせていただきます。
火災・盗難で補聴器をなくされた場合は、購入された補聴器販売店へご連絡ください。

紛失してしまった場合

リオネットシリーズ マキシエンスは、「紛失補償制度」により、お買い上げの翌日より1年以内に、補聴器を紛失された場合、1回に限り同等機種による代替品提供をいたします。

ご注意

リオネットシリーズ マキシエンスを除き、「事故保険制度」の対象外で、補聴器をなくされてしまった場合(置き忘れなど)は、保証はありません。

補聴器をなくさないためには

補聴器を適切につけていれば、装着中になくしてしまうことはありません。耳から外したあとに、ちょっと置いておいたつもりが、そのまま忘れてしまい、どこにいったかわからなくなってしまうことがほとんどです。
家の中であれば、思いがけない所から出てくることもあるようです。
リオネット補聴器には専用ケースが付いていますので、補聴器を外したらケースに入れる習慣をつけましょう。
専用ケースでなくても、オリジナルのケースを用意して、寝室、洗面所、リビングなど各部屋に置いておくことも効果的です。
外出先で補聴器を外される場合も、必ずケースに入れてください。ポケットやカバンにそのまま入れることは紛失や故障の原因になります。

  • お近くの補聴器販売店を探す
  • カタログ各種ダウンロードはこちら

おすすめ情報

  • リオネットシリーズ ワイヤレス機能搭載機種登場

    これからを楽しむ人の補聴器「リオネットシリーズ」 ワイヤレス機能搭載機種登場

  • リオネット補聴器70周年記念WEBサイト

    リオネット補聴器70周年記念WEBサイト

  • ほちょうき購入サポート

    20歳以下の方には、補聴器を特別にお求めやすくご購入いただけるシステム

  • 軟骨伝導補聴器 HB-J1CC

    補聴器の新しいカタチ 軟骨伝導補聴器 HB-J1CC

おすすめ動画

  • リオネット補聴器のテレビCM「一緒にお料理」篇

    リオネット補聴器の最新テレビCMをご覧いただけます(30秒)

  • 言葉が聞きとりにくい方とお話しするときは

    この動画では、 聞こえにくい方への話し方のポイントをご説明しています(15秒)

  • リオネット補聴器のオーダーメイド補聴器ができるまでを動画でご紹介します

    リオネット補聴器のオーダーメイド補聴器ができるまでを動画でご紹介します(4分34秒)

  • スーパーミニカナール極(きわみ)

    さらに小さく、目立たないオーダーメイド補聴器 「スーパーミニカナール極(きわみ)」について動画でご紹介します(1分30秒)