本文へジャンプ
  1. リオネット補聴器ホーム>
  2. 補聴器Q&A>
  3. 補聴器ってどんなもの?>
  4. 補聴器ってなに?

補聴器ってなに?

補聴器の役割

補聴器は、難聴で届きにくくなった音の情報を伝え、コミュニケーションや日常生活を助けるものです。

調整の重要性

ひとくちに「難聴」といっても、聞こえにくさには様々な現象と個人差があります。
補聴器は、その個人の聞こえにくさに合わせて音質や音量を調整し、音を届けます。このことを「フィッティング」と言います。
補聴器にはこの「フィッティング」が不可欠で、これが単に音を大きくする「集音器」や「拡声器」との大きな違いです。また、補聴器は医療機器です。

様々な機能

補聴器は耳に入れても聴神経や脳とつながっているわけではないので、使われる方の意志どおりに「聞きたい音だけ聞き取る」など聞こえを操ることは苦手です。そこで、少しでも聞き取りやすくするために、周囲の雑音を低減させて会話を聞きやすくする機能や、前方向の音だけ大きくする(指向性)機能などがあります。

補聴器のしくみ

補聴器はマイクとイヤホンが付いた電気増幅器です。マイクで音を受け、増幅器で大きくしてイヤホンから出力します。

補聴器用電池

補聴器は電池で動作します。
小さな補聴器には、空気電池という丸い小さな電池が使われます。電池の寿命は補聴器の種類によって異なりますが、短い機種だと10日程度で電池がなくなります。電池交換は使用者自身で行います。電池は数個入りパックで販売されています。

  • お近くの補聴器販売店を探す
  • カタログ各種ダウンロードはこちら

おすすめ情報

  • リオネットシリーズ ワイヤレス機能搭載機種登場

    これからを楽しむ人の補聴器「リオネットシリーズ」 ワイヤレス機能搭載機種登場

  • リオネット補聴器70周年記念WEBサイト

    リオネット補聴器70周年記念WEBサイト

  • ほちょうき購入サポート

    20歳以下の方には、補聴器を特別にお求めやすくご購入いただけるシステム

  • 軟骨伝導補聴器 HB-J1CC

    補聴器の新しいカタチ 軟骨伝導補聴器 HB-J1CC

おすすめ動画

  • リオネット補聴器のテレビCM「一緒にお料理」篇

    リオネット補聴器の最新テレビCMをご覧いただけます(30秒)

  • 言葉が聞きとりにくい方とお話しするときは

    この動画では、 聞こえにくい方への話し方のポイントをご説明しています(15秒)

  • リオネット補聴器のオーダーメイド補聴器ができるまでを動画でご紹介します

    リオネット補聴器のオーダーメイド補聴器ができるまでを動画でご紹介します(4分34秒)

  • スーパーミニカナール極(きわみ)

    さらに小さく、目立たないオーダーメイド補聴器 「スーパーミニカナール極(きわみ)」について動画でご紹介します(1分30秒)