本文へジャンプ
  1. リオネット補聴器ホーム>
  2. お知らせ>
  3. トピックス>
  4. 難聴と認知症の第一人者の対談が実現!

難聴と認知症の第一人者の対談が実現!

記事のご紹介

難聴は認知症の危険因子のひとつである

「難聴は認知症の危険因子のひとつである」と、厚生労働省が2015年に公表した「認知症施策推進総合戦略~認知症高齢者等にやさしい地域づくりに向けて~(新オレンジプラン)」の中で発表して数年。最近では、さまざまな雑誌などでも目にする機会が増えました。 新オレンジプランの中では、65歳以上の認知症患者の数は、2025年には700万人(約5人に1人)になると見込まれています。
また、そのような評判を聞いて、補聴器の使用を諦めてしまわれた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

歳を重ねれば、誰もが発症しうる難聴と認知症には、何らかのかかわりがあるのでしょうか。それを知るために、これまでにない対談が実現しました! 難聴の第一人者である慶應義塾大学病院 耳鼻咽喉科の小川郁先生と、認知症の第一人者である東京慈恵会医科大学 精神医学講座の繁田雅弘先生の対談です。

対談の内容は以下のリンク先から、ノーカットでご覧いただけます。

対談記事はこちら
前編 https://medicalnote.jp/contents/181026-004-BN
後編 https://medicalnote.jp/contents/181026-005-YK



補聴器をお求めの際は、お近くの補聴器相談医またはリオネット補聴器販売店へお問合せください。

  • カタログ各種ダウンロードはこちら

おすすめ情報

  • リオネットシリーズ ワイヤレス機能搭載機種登場

    これからを楽しむ人の補聴器「リオネットシリーズ」 ワイヤレス機能搭載機種登場

  • リオネット補聴器70周年記念WEBサイト

    リオネット補聴器70周年記念WEBサイト

  • ほちょうき購入サポート

    20歳以下の方には、補聴器を特別にお求めやすくご購入いただけるシステム

  • 軟骨伝導補聴器 HB-J1CC

    補聴器の新しいカタチ 軟骨伝導補聴器 HB-J1CC

おすすめ動画

  • リオネット補聴器のテレビCM「一緒にお料理」篇

    リオネット補聴器の最新テレビCMをご覧いただけます(30秒)

  • 言葉が聞きとりにくい方とお話しするときは

    この動画では、 聞こえにくい方への話し方のポイントをご説明しています(15秒)

  • リオネット補聴器のオーダーメイド補聴器ができるまでを動画でご紹介します

    リオネット補聴器のオーダーメイド補聴器ができるまでを動画でご紹介します(4分34秒)

  • スーパーミニカナール極(きわみ)

    さらに小さく、目立たないオーダーメイド補聴器 「スーパーミニカナール極(きわみ)」について動画でご紹介します(1分30秒)