スポーツ支援活動

リオネット補聴器はプロボディボーダー兼ヨガインストラクターとして活躍するYUMIEさんを応援しています

YUMIEさんは2歳の時に進行性の感音難聴であることが判明し、3歳でリオネット補聴器に出会いました。以降、現在に至るまでリオネット補聴器をご愛用いただいています。

2003年、29歳でボディボードのプロテストに合格すると、その後、数々の世界大会で入賞。2007年にはIBA※1世界ランキング13位トップシードという快挙を成し遂げました。同年、WDSA※2ハワイ大会で準優勝した後に引退。
プロボディボードの第一線から退いた現在は、難聴の子どもたち向けのボディボード教室「デフキッズスクール」を開催するなど、ボディボードインストラクターとして活躍する一方、新たにヨガインストラクターの資格を取得し、多方面で活躍されています。


重度難聴というハンディを抱えながらも、常に新たな目標に立ち向かっていくYUMIEさん。
リオネット補聴器は、多くの方に勇気と感動を与え続けるYUMIEさんをこれからも応援してまいります。


※1 IBA:国際ボディボード連盟
※2 WDSA:聴覚障害者の男女混合世界選手権

 

講演活動

YUMIEさんは全国各地の学校などで講演活動を行っています。


~YUMIEさんからのメッセージ~

聴力を失ってから、様々な出来事がありました。

「泣いていた過去」から、「誇りに思える今」へ。

私がこうして今、前を向いて進めるのは、マイナスをプラスに変えたから。
「マイナス」はひっくり返すと、「プラス」になるんです。
諦めなければ必ず夢は叶います。
そして、「聞こえない耳」が今では「宝物」となっています。
どうしてそんな風に思えたか、どうやって乗り越えてきたか、私の経験や思いをお伝えいたします。

そして少しでも多くのみなさまが、よりよく生きるためのヒントを見つけていただけたら嬉しいです。

 




補聴器に関するご質問・ご相談はこちらから

お電話でのお問い合わせ

受付時間:9:00~21:00(年末年始を除く)

メールフォームでのお問い合わせ

お問い合わせ