本文へジャンプ
  1. リオネット補聴器ホーム>
  2. 失敗しない!購入ガイド>
  3. 補聴器の形状の種類を知る

補聴器の形状の種類を知る

補聴器の形状

補聴器にはいろいろな形状があり、それぞれ使い勝手が違います。
聞こえの状態、使いたい場所、環境や生活スタイルなどに応じて選びます。

耳あな型オーダーメイド補聴器

耳の穴に入れるタイプの補聴器で、使われる方の聴力や耳の形状に合わせて、ひとつひとつ作られる「個人別注文品」です。
ほかのタイプの補聴器と比べ、各々の耳の形状と聴力に合わせて製作されているため、聞こえを改善しやすいタイプです。また、補聴器のマイクが耳の穴の位置にあるので、自然に近いかたちで音をとらえることができます。
外見上も目立たない補聴器です。ご注文から約一週間で出来上がります。

既成耳あな型補聴器

耳の穴に入れるタイプの既製品です。器種の数は多くありませんが、手ごろな価格の補聴器です。
ただし、形状はオーダーメイドではないので、耳の形状に合わない場合もあります。

耳かけ型補聴器

耳の上にかけて使うタイプの補聴器です。比較的目立ち難く、扱いやすい大きさです。
種類も多く、価格も幅広くそろっています。
色のついた補聴器もあるので、おしゃれ感覚でも装着できます。

ポケット型補聴器

補聴器としては最初に作られた形で小型ラジオのようなスタイルです。
スイッチやボリュームの操作部分が大きく、手元で見ながら操作できるので、操作しやすいタイプです。また、補聴器本体にもマイクがついているので、本体を聞きたい音に近づけることができます。寝ている姿勢などでも、本体を置く位置によって音の集音方向を決められます。
電池は単三または単四の乾電池です。

骨導メガネ型補聴器

メガネのつるを利用した補聴器です。振動で皮膚から音を伝える骨導式ですので、伝音難聴および混合性難聴の方が対象です。

  • お近くの補聴器販売店を探す
  • カタログ各種ダウンロードはこちら

おすすめ情報

  • キッズ応援プロジェクト

    "聞こえる"から生まれる、未来を育てたい。リオネット補聴器から「キッズ応援プロジェクト」発足

  • リオネットピクシー

    子どもの利用を最優先に考え開発した「リオネットピクシー」

  • 日本語の特徴に着目。リオネットが新たに開発した技術 SSS Speech+

    日本語の特徴に着目。リオネットが新たに開発した技術 SSS Speech+

  • リオンはYUMIEさんのスポンサーとしてその活動を応援しています

    リオンはYUMIEさんのスポンサーとしてその活動を応援しています

おすすめ動画

  • 〝リオネットピクシー″から誕生した「ピクシーくん」

    子ども向けほちょうき〝リオネットピクシー″から誕生した「ピクシーくん」と8色の仲間たちのご紹介

  • リオネットプレシアⅡ

    日本人のための日本生まれの補聴器「リオネットプレシアⅡ」のご紹介

  • ライフステージに応じたさまざまな補聴器をご紹介するリオネット補聴器のCMをご覧いただけます

    ライフステージに応じたさまざまな補聴器をご紹介するリオネット補聴器のCMをご覧いただけます

  • 汗や湿気から補聴器を守る!「耐汗コート」のご紹介動画です

    汗や湿気から補聴器を守る!
    「耐汗コート」のご紹介動画です
    (3分25秒)