本文へジャンプ

国産にこだわり続けて60年以上

日本で初めての量産型補聴器は1948年に発売されました。以来、当社の補聴器「リオネット」は70年ご愛顧頂いております。

その間、世界初の「デジタル補聴器」、「防水耳かけ型補聴器」、「自動騒音抑制方式」、電池のプラスマイナスに関係なく作動する「おまかせ回路」など、世界初・日本初の数々を採用し、お客様に愛される補聴器づくりに取り組んでまいりました。

これからも「リオネット」は『聴こえ』の喜びと感動をお客様とわかちあい、自信と輝きにあふれた毎日を約束するブランドとして、最適な『音』の世界を目指します。

  • 1948年

    日本初の量産補聴器
    H-501を発売

  • 1956年

    日本初のトランジスタ補聴器
    H-530を発売

  • 1984年

    オーダーメイド補聴器
    HI-02を発売

  • 1986年

    世界初の防水型補聴器
    HB-35PTを発売

  • 1991年

    世界初のデジタル補聴器
    HD-10を発売

  • カタログ各種ダウンロードはこちら

おすすめ情報

  • リオネットシリーズ ワイヤレス機能搭載機種登場

    これからを楽しむ人の補聴器「リオネットシリーズ」 ワイヤレス機能搭載機種登場

  • リオネット補聴器70周年記念WEBサイト

    リオネット補聴器70周年記念WEBサイト

  • ほちょうき購入サポート

    20歳以下の方には、補聴器を特別にお求めやすくご購入いただけるシステム

  • 軟骨伝導補聴器 HB-J1CC

    補聴器の新しいカタチ 軟骨伝導補聴器 HB-J1CC

おすすめ動画

  • リオネット補聴器のテレビCM「一緒にお料理」篇

    リオネット補聴器の最新テレビCMをご覧いただけます(30秒)

  • 言葉が聞きとりにくい方とお話しするときは

    この動画では、 聞こえにくい方への話し方のポイントをご説明しています(15秒)

  • リオネット補聴器のオーダーメイド補聴器ができるまでを動画でご紹介します

    リオネット補聴器のオーダーメイド補聴器ができるまでを動画でご紹介します(4分34秒)

  • スーパーミニカナール極(きわみ)

    さらに小さく、目立たないオーダーメイド補聴器 「スーパーミニカナール極(きわみ)」について動画でご紹介します(1分30秒)