本文へジャンプ
  1. リオネット補聴器ホーム>
  2. 難聴について>
  3. 難聴の症状~こんな経験ありませんか?~

難聴の症状~こんな経験ありませんか?~

難聴は音が聞こえなくなるだけではありません

こんな経験ありませんか?

  • はっきりと話す人の声はよく分かるが、ボソボソ話す人の声がわからない。
  • 良く知っている話題のときは困らないが、知らない話題になると聞こえにくいと感じる。
  • 静かな場所では困らないが、騒がしい場所での聞き取りが悪い。
  • テレビのアナウンサーの話はよくわかるが、バラエティーなどのタレントの話はわかりにくい。
  • きちんと聞き取れなかったが、あいまいな返事で会話をすることがある。
  • 音は聞こえているが、内容がわかりにくいためテレビのボリュームを上げてしまう。
  • 自分は困っていないが、周囲の人から聞こえが悪いと言われる。

難聴は単に音が聞こえなくなるだけでなく、聞こえた音であっても鮮明に聞き分けることが難しくなります。このような経験がある方は難聴かもしれません。
耳鼻科の受診をお勧めします。

主な難聴の症状

小さな音が聞き取りにくくなる

どれだけ小さな音が聞こえるかを聴力と言います。
音はキンキンした高い音、ボンボンとした低い音など、周波数によって種類が存在します。全ての周波数が一度に聞こえなくなることは少なく、個人個人によって、聞こえにくい音の種類は異なります。
例えば、加齢による難聴は高い周波数の音から聞こえにくくなるので、会話は聞こえていても、高い電子音(体温計のブザーなど)が聞こえにくくなったりします。

複数ある音を聞き分けにくくなる

難聴になると音を周波数ごとに鮮明に脳へ伝えることが困難になります。
そのため、聞きたい音だけ聞き分けることが難しくなり、騒音の中で会話を聞き取ることができなくなります。

瞬時に音を理解することができなくなる

難聴になると聞こえた音を素早く脳へ伝えることも困難になります。
ゆっくり話してもらうと理解できるけれど、早口ではわからないということが起こります。

難聴の自覚がなくても

難聴は目に見える症状ではないので、ご自身で自覚しにくく、また、難聴であることを認めたくない気持ちもあるかもしれません。しかし、周囲の方が大きな声を出して苦労されていることもあります。
日常生活において、上記のような経験が多くある場合は、一度耳鼻科の受診をお勧めします。

  • お近くの補聴器販売店を探す
  • カタログ各種ダウンロードはこちら

おすすめ情報

  • キッズ応援プロジェクト

    "聞こえる"から生まれる、未来を育てたい。リオネット補聴器から「キッズ応援プロジェクト」発足

  • リオネットピクシー

    子どもの利用を最優先に考え開発した「リオネットピクシー」

  • 日本語の特徴に着目。リオネットが新たに開発した技術 SSS Speech+

    日本語の特徴に着目。リオネットが新たに開発した技術 SSS Speech+

  • リオンはYUMIEさんのスポンサーとしてその活動を応援しています

    リオンはYUMIEさんのスポンサーとしてその活動を応援しています

おすすめ動画

  • 〝リオネットピクシー″から誕生した「ピクシーくん」

    子ども向けほちょうき〝リオネットピクシー″から誕生した「ピクシーくん」と8色の仲間たちのご紹介

  • リオネットプレシアⅡ

    日本人のための日本生まれの補聴器「リオネットプレシアⅡ」のご紹介

  • ライフステージに応じたさまざまな補聴器をご紹介するリオネット補聴器のCMをご覧いただけます

    ライフステージに応じたさまざまな補聴器をご紹介するリオネット補聴器のCMをご覧いただけます

  • 汗や湿気から補聴器を守る!「耐汗コート」のご紹介動画です

    汗や湿気から補聴器を守る!
    「耐汗コート」のご紹介動画です
    (3分25秒)