本文へジャンプ
  1. リオネット補聴器ホーム>
  2. 補聴器Q&A>
  3. 買うときに心配なこと>
  4. 補聴器は何年くらい使えるの?

補聴器は何年くらい使えるの?

一般に、電子機器は長く使うほど故障が発生しやすくなります。
リオネット補聴器をお使いいただける期間は、使用方法やお手入れなどにもよりますが、「使用開始から5年間(耐用期間)*」が一つの目安となります。


* この期間内は全く故障せずにお使いいただけるという意味ではありません。また、この期間を過ぎるとお使いいただけないという意味でもありません。

買い替えは販売店にご相談を

特に、補聴器が「耐用期間」を過ぎた際には販売店にご相談されることをお勧めします。

「耐用期間」について

補聴器は医療機器です。医療機器の使用期間を表す用語として「耐用期間」があり、補聴器に同梱された「医療機器添付文書」に記載されています。
「耐用期間」とは、「医療機器が適正な使用環境と点検、修理等の維持管理の下に、適正な取扱いで本来の用途に使用された場合、本来の機能及び性能を維持し、使用することができる標準的な使用期間」のことです。
耐用期間はメーカーが定めており、リオネット補聴器ではご案内のように「使用開始から5年間」としております。

お手入れ、点検が大切です

補聴器は精密な電子機器です。お使いになる方の体質(汗をかきやすいなど)や、ご使用になる環境(高温多湿、寒暖差が大きい)などによっても故障する場合があります。補聴器を長くお使いいただくためにもご使用後はよくお手入れをしてください。
なお、お使いになる前には、綿棒などで耳の中を清潔にしてください。耳あかが詰まったまま使用すると、補聴器が故障する場合があります。
また、故障がなくても、半年に1度はお買い求めのお店で点検・調整していただくことをお勧めします。

  • お近くの補聴器販売店を探す
  • カタログ各種ダウンロードはこちら

おすすめ情報

  • リオネットシリーズ ワイヤレス機能搭載機種登場

    これからを楽しむ人の補聴器「リオネットシリーズ」 ワイヤレス機能搭載機種登場

  • リオネット補聴器70周年記念WEBサイト

    リオネット補聴器70周年記念WEBサイト

  • ほちょうき購入サポート

    20歳以下の方には、補聴器を特別にお求めやすくご購入いただけるシステム

  • 軟骨伝導補聴器 HB-J1CC

    補聴器の新しいカタチ 軟骨伝導補聴器 HB-J1CC

おすすめ動画

  • リオネット補聴器のテレビCM「一緒にお料理」篇

    リオネット補聴器の最新テレビCMをご覧いただけます(30秒)

  • 言葉が聞きとりにくい方とお話しするときは

    この動画では、 聞こえにくい方への話し方のポイントをご説明しています(15秒)

  • リオネット補聴器のオーダーメイド補聴器ができるまでを動画でご紹介します

    リオネット補聴器のオーダーメイド補聴器ができるまでを動画でご紹介します(4分34秒)

  • スーパーミニカナール極(きわみ)

    さらに小さく、目立たないオーダーメイド補聴器 「スーパーミニカナール極(きわみ)」について動画でご紹介します(1分30秒)