本文へジャンプ
  1. リオネット補聴器ホーム>
  2. 失敗しない!購入ガイド>
  3. まずは自分の聴力を知ることが最も重要

まずは自分の聴力を知ることが最も重要

聴力と補聴器

補聴器は使う方の聴力に合わせて選定、調整されます。聴力に合わない補聴器は、役に立たないどころか、過大音によって聴力を低下させる危険もあります。補聴器の機種によって適応聴力範囲が異なりますので、適切に選ぶ必要があります。
補聴器販売店では補聴器選択、調整のために聴力を測定します。

耳鼻科医の診断を

補聴器を選ぶ前に、難聴について耳鼻科医の診断を受けることをお勧めします。難聴の原因によっては治療可能なこともあります。
また、補聴器販売時に下記のような症状が確認された場合、補聴器を販売する前に耳鼻科医へ受診していただきます。

  • 耳の手術を受けたことがある
  • 最近3ヶ月以内に耳漏があった
  • 最近2ヶ月以内に聴力が低下した
  • 最近1ヶ月以内に急に耳鳴りが大きくなった
  • 外耳道に痛みまたは、かゆみがある
  • 耳あかが多くたまっている
  • 聴力測定の結果、平均聴力の左右差が25dB以上ある
  • 聴力測定の結果、500、1,000、2,000Hzの聴力に20dB以上の気骨導差がある

自分の聴力を知る

「高い音が聞こえにくい」、「低い音が聞こえにくい」、「右耳のほうが聞こえにくい」、「大きな音ならことばの聞き取りができる」、「大きな音でもことばが聞き取りにくい」など、聴力の状態は個人差があります。自分の聴力を知ることは、補聴器を使いこなすためにも大切なことです。
難聴や聴力については「難聴について」をご参照ください。

聴力がわからない状態で補聴器は選べません

代理の方が補聴器を買いに行く、通信販売などで購入するなどでは、適切な補聴器が手に入るとは言えません。補聴器をプレゼントしたい場合は、使用される方と一緒に補聴器販売店へご来店ください。

補聴器を購入してから、装用できるようになる流れを説明したリーフレットをご用意しています

  • お近くの補聴器販売店を探す
  • カタログ各種ダウンロードはこちら

おすすめ情報

  • リオネットシリーズ プレミエンス 新登場

    これからを楽しむ人の補聴器「リオネットシリーズ プレミエンス」新登場

  • 300台限定キャラクターほちょうき

    300台限定のキャラクターほちょうき 3機種登場です!

  • 軟骨伝導補聴器 HB-J1CC

    補聴器の新しいカタチ 軟骨伝導補聴器 HB-J1CC

  • ほちょうき購入サポート

    20歳以下の方には、補聴器を特別にお求めやすくご購入いただけるシステム

おすすめ動画

  • 普段からリオネット補聴器を愛用している歌手で俳優の井上順さんが、リオネット補聴器アンバサダーに就任

    聞こえに向き合えば人生はまだまだ楽しめると話される井上順さんの元気の秘訣とは?(2分54秒)

  • リオネット補聴器のテレビCM「一緒にお料理」篇

    リオネット補聴器の最新テレビCMをご覧いただけます(30秒)

  • 言葉が聞きとりにくい方とお話しするときは

    この動画では、 聞こえにくい方への話し方のポイントをご説明しています(15秒)

  • リオネット補聴器のオーダーメイド補聴器ができるまでを動画でご紹介します

    リオネット補聴器のオーダーメイド補聴器ができるまでを動画でご紹介します(4分34秒)