本文へジャンプ
  1. リオネット補聴器ホーム>
  2. ご購入後サポート>
  3. ご購入後のお困りQ&A>
  4. 補聴器を使い始めたが、慣れない・不快

補聴器を使い始めたが、慣れない・不快

はじめて補聴器を使う場合

難聴の耳にとって、初めて聞く補聴器の音の世界は少しにぎやかに感じるかもしれません。
家の中などの静かな場面で使用し始め、少しずつ音が多い環境で試していくようにしてください。

雑音が多い

補聴器が意図的に雑音を発生していることはありません。
補聴器はその場に存在する音を大きくして聞こえるようにします。そのため、補聴器をしていないと聞こえない生活音が補聴器によって聞こえるようになり、雑音と感じる場合もあります。
難聴によって聞こえなくなった音の中には、聞こえる必要のない音もあるかもしれません。
しかし、補聴器は聞きたい音だけを増幅してくれるものではありません。雑音と思われる音も難聴になる前は聞こえて当然の音だったり、その場の状況や危険を知らせる音だったりすることもあります。
だだし、急に多くの音を聞くことは刺激が強すぎることもありますので、静かな場面から少しずつ使ってみてください。

大きな音がうるさい

補聴器は聴力に合わせて調整されていますが、個人個人の感覚は様々ですので、不快に思うほど大きな音と感じる場合は、補聴器販売店へ調整を依頼してください。

言葉がよく聞き取れない

補聴器の調整で聞き取りやすい状態にすることができますが、耳の言葉を聞き取る能力が低下していると、効果を上げるのが困難になります。
ご自身の聞き取り程度を知るために、補聴器販売店で語音弁別測定をしてもらうことをお勧めします。

あまりにも慣れないときは

不快な状態で無理に使用される必要はありません。補聴器は使われる方の状況に合わせて調整できますので、補聴器販売店へ遠慮なく依頼してください。

  • お近くの補聴器販売店を探す
  • カタログ各種ダウンロードはこちら

おすすめ情報

  • リオネット補聴器70周年特設サイト

    リオネット補聴器70周年記念WEBサイト

  • リオネットシリーズ

    これからを楽しむ人の補聴器「リオネットシリーズ」

  • キッズ応援プロジェクト

    "聞こえる"から生まれる、未来を育てたい。リオネット補聴器から「キッズ応援プロジェクト」発足

  • 日本語の特徴に着目。リオネットが新たに開発した技術 SSS Speech+

    日本語の特徴に着目。リオネットが新たに開発した技術 SSS Speech+

おすすめ動画

  • リオネット補聴器のテレビCM「一緒にお料理」篇

    リオネット補聴器の最新テレビCMをご覧いただけます(30秒)

  • リオネット補聴器のオーダーメイド補聴器ができるまでを動画でご紹介します

    リオネット補聴器のオーダーメイド補聴器ができるまでを動画でご紹介します(4分34秒)

  • 子ども向けほちょうき〝リオネットピクシー″から誕生した「ピクシーくん」と8色の仲間たちのご紹介

    子ども向けほちょうき〝リオネットピクシー″から誕生した「ピクシーくん」と8色の仲間たちのご紹介(1分5秒)

  • リオネット独自の機能「おまかせ回路」のご紹介

    リオネット独自の機能「おまかせ回路」のご紹介(1分30秒)