本文へジャンプ
  1. リオネット補聴器ホーム>
  2. ご購入後サポート>
  3. ご購入後のお困りQ&A>
  4. 電池の持ちが短い

電池の持ちが短い

電池の特徴と注意点が原因の場合があります

ポケット型補聴器以外の補聴器には、ボタン型の空気電池を使用します。
空気電池の特徴は、+極に空気中の酸素を使用するため、容量を多くとることができることです。しかし、十分な電気性能を発揮するためには、注意点があります。

補聴器を使っていなくても

空気電池は、+面にシールが貼られた状態で販売されています。
シールをはがしたまま長期間放置した電池は、酸素を取り入れる穴が開いた状態なので、補聴器で使っていなくても、少しずつ容量が減っていきます。
補聴器の使用頻度が少ないと、電池を十分に使わないうちに残量がなくなってしまうことがあります。

冬場は特に

暖房器から発生する二酸化炭素は、電池の電解液を劣化させるため、本来の電気性能が発揮できません。暖房器を使用している部屋や、人が多い部屋では、電池の寿命が短くなる可能性があります。
また、気温が低く電池が冷えていると動作に影響が出ます。
冬場は、暖房器を使用している部屋の換気を十分に行い、電池が冷えている場合は体温で暖めてから使用してください。

カタログや取扱説明書の電池寿命

カタログや取扱い説明書の電池寿命は、補聴器の設定を一定の条件にして連続使用したときの値です。ご使用になる方の聴力に合わせた設定状態や、使用する環境の音によって電池寿命は変わります。

補聴器の故障の可能性

電池が原因ではなく、補聴器が故障している場合もあります。1日や2日など極端に短い期間で電池がなくなる場合は、補聴器販売店へ点検を依頼してください。

  • お近くの補聴器販売店を探す
  • カタログ各種ダウンロードはこちら

おすすめ情報

  • リオネットシリーズ ワイヤレス機能搭載機種登場

    これからを楽しむ人の補聴器「リオネットシリーズ」 ワイヤレス機能搭載機種登場

  • リオネット補聴器70周年記念WEBサイト

    リオネット補聴器70周年記念WEBサイト

  • ほちょうき購入サポート

    20歳以下の方には、補聴器を特別にお求めやすくご購入いただけるシステム

  • 軟骨伝導補聴器 HB-J1CC

    補聴器の新しいカタチ 軟骨伝導補聴器 HB-J1CC

おすすめ動画

  • リオネット補聴器のテレビCM「一緒にお料理」篇

    リオネット補聴器の最新テレビCMをご覧いただけます(30秒)

  • 言葉が聞きとりにくい方とお話しするときは

    この動画では、 聞こえにくい方への話し方のポイントをご説明しています(15秒)

  • リオネット補聴器のオーダーメイド補聴器ができるまでを動画でご紹介します

    リオネット補聴器のオーダーメイド補聴器ができるまでを動画でご紹介します(4分34秒)

  • スーパーミニカナール極(きわみ)

    さらに小さく、目立たないオーダーメイド補聴器 「スーパーミニカナール極(きわみ)」について動画でご紹介します(1分30秒)