本文へジャンプ
  1. リオネット補聴器ホーム>
  2. 補聴器Q&A>
  3. 買うときは?>
  4. 補聴器の値段はどのくらい?

補聴器の値段はどのくらい?

形や機能によって値段は様々です

耳あな型オーダーメイド補聴器

耳の穴に入れるタイプの補聴器で、使われる方の聴力や耳の形状に合わせて、ひとつひとつ作られる補聴器です。価格はデジタル補聴器で10万円位から37万円です。

耳かけ型補聴器

耳にかけて使うタイプの補聴器です。色のついた補聴器もあるので、おしゃれ感覚でも装着できます。価格はデジタル補聴器で7万円位から31万円です。

既製耳あな型補聴器

耳の穴に入れて使うタイプの補聴器です。価格は7万円です。

ポケット型補聴器

小型ラジオのような形状で、本体をポケットに入れたり、首からぶら下げたりして使います。価格は3万円前後から8万円でアナログ式とデジタル式があります。

機能による違い

補聴器には、より聞き取りやすくするための機能や快適に使うための機能など多くの機能があります。同じ形状の補聴器でも、搭載されている機能が多いほど価格は高くなります。
また、聴力に合わせる調整の細やかさも聞こえに影響し、細かく調整できる補聴器ほど価格が高くなります。

  • お近くの補聴器販売店を探す
  • カタログ各種ダウンロードはこちら

おすすめ情報

  • 70周年記念お客さま感謝フェア

    リモコンや特製ステンレスボトルがもらえるフェア開催中!9月30日(日)ご注文分まで対象

  • リオネットシリーズ ワイヤレス機能搭載機種登場

    これからを楽しむ人の補聴器「リオネットシリーズ」 ワイヤレス機能搭載機種登場

  • リオネット補聴器70周年記念WEBサイト

    リオネット補聴器70周年記念WEBサイト

  • キッズ応援プロジェクト

    "聞こえる"から生まれる、未来を育てたい。リオネット補聴器から「キッズ応援プロジェクト」発足

おすすめ動画

  • リオネット補聴器のテレビCM「一緒にお料理」篇

    リオネット補聴器の最新テレビCMをご覧いただけます(30秒)

  • 言葉が聞きとりにくい方とお話しするときは

    「ゆっくりと、はっきりと」リオネット補聴器からのお願いです(15秒)

  • リオネット補聴器のオーダーメイド補聴器ができるまでを動画でご紹介します

    リオネット補聴器のオーダーメイド補聴器ができるまでを動画でご紹介します(4分34秒)

  • リオネット独自の機能「おまかせ回路」のご紹介

    リオネット独自の機能「おまかせ回路」のご紹介(1分30秒)