本文へジャンプ
  1. リオネット補聴器ホーム>
  2. 製品情報>
  3. 形状から探す

形状から探す

補聴器は管理医療機器です。必ず事前に専門医にご相談のうえ、検査を受けてお求めください。

耳あな型

音を捉える部分(マイクロホン)が耳の穴の位置なので、より自然な聞こえに近い状態になる補聴器です。

耳かけ型

耳の後ろにかけて使うタイプで、目立ちにくい小型のものから、扱いやすい大きさのものまで、様々なサイズがあります。

ポケット型

補聴器を胸のポケットに入れイヤホンを耳に入れるタイプです。本体が大きめなので、ボリュームやスイッチなどの操作が簡単です。

メガネ型

音声を振動で伝えます。伝音難聴、混合難聴の方が対象の補聴器です。

  • カタログ各種ダウンロードはこちら

おすすめ情報

  • リオネットシリーズ ワイヤレス機能搭載機種登場

    これからを楽しむ人の補聴器「リオネットシリーズ」 ワイヤレス機能搭載機種登場

  • リオネット補聴器70周年記念WEBサイト

    リオネット補聴器70周年記念WEBサイト

  • ほちょうき購入サポート

    20歳以下の方には、補聴器を特別にお求めやすくご購入いただけるシステム

  • 軟骨伝導補聴器 HB-J1CC

    補聴器の新しいカタチ 軟骨伝導補聴器 HB-J1CC

おすすめ動画

  • リオネット補聴器のテレビCM「一緒にお料理」篇

    リオネット補聴器の最新テレビCMをご覧いただけます(30秒)

  • 言葉が聞きとりにくい方とお話しするときは

    この動画では、 聞こえにくい方への話し方のポイントをご説明しています(15秒)

  • リオネット補聴器のオーダーメイド補聴器ができるまでを動画でご紹介します

    リオネット補聴器のオーダーメイド補聴器ができるまでを動画でご紹介します(4分34秒)

  • スーパーミニカナール極(きわみ)

    さらに小さく、目立たないオーダーメイド補聴器 「スーパーミニカナール極(きわみ)」について動画でご紹介します(1分30秒)