本文へジャンプ
  1. リオネット補聴器ホーム>
  2. 製品情報>
  3. テーマから探す>
  4. ビジネスシーンで使いたい補聴器は?

ビジネスシーンで使いたい補聴器は?

このページでご紹介している補聴器は、ご参考までのご紹介となります。ご購入にあたっては、必ず販売店スタッフへご相談のうえ、お選びください。

ポイント

音環境の変化に対応して自動的にモードが切り替わる機能や、正面の音を強調する指向性機能などが、様々なビジネスシーンを補います。
両耳間の双方向通信やリモコンによって、さりげない操作で快適にお使いになれます。

おすすめ製品

HI-G8AA(リオネットシリーズ マキシエンス)

独自開発のデジタル信号処理技術を採用した「リオネットエンジン」搭載シリーズ。

難聴の程度
軽度中等度高度簡易聴力チェック
形状 耳あな型/オーダーメイド/カナールエイド
希望小売価格 片耳(1台) 390,000円
両耳(2台) 663,000円(1台あたり331,500 円)
販売名:補聴器HI-G8AA
医療機器認証番号:229AABZX00068000

HB-A2AA(リオネットシリーズ マキシエンス)

独自開発のデジタル信号処理技術を採用した「リオネットエンジン」搭載シリーズ。

難聴の程度
EXスモールイヤホン*1軽度中等度
ミディアムイヤホン*2軽度中等度高度簡易聴力チェック
形状 耳かけ型
希望小売価格 片耳(1台) 360,000円
両耳(2台) 612,000円(1台あたり306,000円)
販売名:補聴器HB-A2AA
医療機器認証番号:230AABZX00055000

*1 RIC:Receiver in the canal
*2 RITE:Receiver in the ear

HB-A4AA(リオネットシリーズ マキシエンス)

独自開発のデジタル信号処理技術を採用した「リオネットエンジン」搭載シリーズ。

難聴の程度
フック軽度中等度高度
Sチューブ軽度中等度高度簡易聴力チェック
形状 耳かけ型
希望小売価格 片耳(1台) 350,000円
両耳(2台) 595,000円(1台あたり297,500円)
販売名:補聴器HB-A4AA
医療機器認証番号:230AABZX00059000

HB-A6AA(リオネットシリーズ マキシエンス)

独自開発のデジタル信号処理技術を採用した「リオネットエンジン」搭載シリーズ。

難聴の程度
フック軽度中等度高度
Sチューブ軽度中等度高度簡易聴力チェック
形状 耳かけ型
希望小売価格 片耳(1台) 350,000円
両耳(2台) 595,000円(1台あたり297,500円)
販売名:補聴器HB-A6AA
医療機器認証番号:230AABZX00054000
補聴器の価格は非課税です。
  • カタログ各種ダウンロードはこちら

おすすめ情報

  • リオネットシリーズ ワイヤレス機能搭載機種登場

    これからを楽しむ人の補聴器「リオネットシリーズ」 ワイヤレス機能搭載機種登場

  • リオネット補聴器70周年記念WEBサイト

    リオネット補聴器70周年記念WEBサイト

  • ほちょうき購入サポート

    20歳以下の方には、補聴器を特別にお求めやすくご購入いただけるシステム

  • 軟骨伝導補聴器 HB-J1CC

    補聴器の新しいカタチ 軟骨伝導補聴器 HB-J1CC

おすすめ動画

  • リオネット補聴器のテレビCM「一緒にお料理」篇

    リオネット補聴器の最新テレビCMをご覧いただけます(30秒)

  • 言葉が聞きとりにくい方とお話しするときは

    この動画では、 聞こえにくい方への話し方のポイントをご説明しています(15秒)

  • リオネット補聴器のオーダーメイド補聴器ができるまでを動画でご紹介します

    リオネット補聴器のオーダーメイド補聴器ができるまでを動画でご紹介します(4分34秒)

  • スーパーミニカナール極(きわみ)

    さらに小さく、目立たないオーダーメイド補聴器 「スーパーミニカナール極(きわみ)」について動画でご紹介します(1分30秒)