本文へジャンプ
  1. リオネット補聴器ホーム>
  2. 失敗しない!購入ガイド>
  3. デジタル補聴器とアナログ補聴器の違いを知る

デジタル補聴器とアナログ補聴器の違いを知る

デジタル補聴器

最近はほとんどがデジタル補聴器と呼ばれる補聴器です。デジタル補聴器に対し、従来からある補聴器はアナログ補聴器と呼ばれます。
デジタル補聴器は小さな部品で音をデジタル処理し、複雑な加工や調整ができます。そのため小型で多機能な補聴器が実現しました。
音の大きさや音質の調整が細かくできる、会話以外の雑音を減らす(ノイズリダクション)、正面からの音を聴き取りやすくする(指向性)、ハウリング(ピーピー音)を減らすなどアナログ補聴器では難しい機能が搭載され、様々な環境でも快適な補聴効果をもたらすことができます。

アナログ補聴器

デジタル補聴器が登場する前の補聴器は、アナログ補聴器と呼ばれています。アナログ補聴器は、比較的簡単な音処理を行い、調整器の数も少なめです。しかし、性能、機能の範囲が使用する方の聴力に適していれば充分な効果を発揮します。

  • お近くの補聴器販売店を探す
  • カタログ各種ダウンロードはこちら

おすすめ情報

  • リオネットシリーズ ワイヤレス機能搭載機種登場

    これからを楽しむ人の補聴器「リオネットシリーズ」 ワイヤレス機能搭載機種登場

  • リオネット補聴器70周年記念WEBサイト

    リオネット補聴器70周年記念WEBサイト

  • ほちょうき購入サポート

    20歳以下の方には、補聴器を特別にお求めやすくご購入いただけるシステム

  • 軟骨伝導補聴器 HB-J1CC

    補聴器の新しいカタチ 軟骨伝導補聴器 HB-J1CC

おすすめ動画

  • リオネット補聴器のテレビCM「一緒にお料理」篇

    リオネット補聴器の最新テレビCMをご覧いただけます(30秒)

  • 言葉が聞きとりにくい方とお話しするときは

    この動画では、 聞こえにくい方への話し方のポイントをご説明しています(15秒)

  • リオネット補聴器のオーダーメイド補聴器ができるまでを動画でご紹介します

    リオネット補聴器のオーダーメイド補聴器ができるまでを動画でご紹介します(4分34秒)

  • スーパーミニカナール極(きわみ)

    さらに小さく、目立たないオーダーメイド補聴器 「スーパーミニカナール極(きわみ)」について動画でご紹介します(1分30秒)