本文へジャンプ
  1. リオネット補聴器ホーム>
  2. ご家族や周囲の方へ>
  3. 補聴器をつけることを嫌がられた場合には?

補聴器をつけることを嫌がられた場合には?

難聴の自覚はありますか

「自分だけが聞こえていなかったことがわかった」、「聞こえなくて困ったことが起こった」などという状況にならないと、「自分の耳が聞こえにくいかも」と実感することは難しいものです。
音は目に見えませんし、必ずしも聞こえなければ困る音ばかりではありません。聞こえない音は、本人に必要性がない場合は、存在すら認識されないのです。
多くの方は、主に会話が聞き取りにくくなって難聴を自覚するようです。しかし、不便は感じないので、補聴器を使おうとは思わない場合もあるかもしれません。
外出することが少ない、いろいろな人との会話の機会が少ない、といった環境の方は難聴でも不便を感じにくいようです。さらに、テレビは1人で見るので自分の聞こえる音量にできる、家族は大きな声で通じるまで何度も話してくれる、というような環境ならばなおさらです。

無理は禁物

ご本人は乗り気でないのに、周囲の方に勧められて補聴器を買われる方も少なくありません。
しかし、このような場合は、補聴器を購入してもなかなか活用できないことがあります。
補聴器は単に買えば聞こえるというものではなく、使ってからの調整や慣れなどにも時間を要します。ご本人に補聴器を使う意思がないと、それらの手間が面倒になり、結局補聴器を使わなくなってしまうのです。
まずは難聴を自覚し、補聴器を使って聞こえるようになろうという意欲を促してください。

少しずつ理解していただく

周囲の方が大きな声を出し、何度も言わなければならない大変さを少しずつ伝えてください。楽に会話ができるようになれば、もっとたくさん楽しい話ができることなども。
また、ご自身の聞こえの程度を客観的に知ることも補聴器装用のきっかけになります。補聴器の話をする前に、まず耳鼻科医に聴力を調べてもらいましょう。

お気軽に補聴器販売店へ

補聴器販売店へ来店したら、必ず補聴器を購入しなくてはならないわけではありません。「補聴器を買いに行きましょう」ではなく、「補聴器ってどんなものだか見に行ってみない?」程度にお誘いいただき、お気軽にお立ち寄りいただくことで、補聴器が身近に感じていただけると思います。

  • お近くの補聴器販売店を探す
  • カタログ各種ダウンロードはこちら

おすすめ情報

  • リオネット補聴器70周年特設サイト

    リオネット補聴器70周年記念WEBサイト

  • リオネットシリーズ

    これからを楽しむ人の補聴器「リオネットシリーズ」

  • キッズ応援プロジェクト

    "聞こえる"から生まれる、未来を育てたい。リオネット補聴器から「キッズ応援プロジェクト」発足

  • 日本語の特徴に着目。リオネットが新たに開発した技術 SSS Speech+

    日本語の特徴に着目。リオネットが新たに開発した技術 SSS Speech+

おすすめ動画

  • リオネット補聴器のテレビCM「一緒にお料理」篇

    リオネット補聴器の最新テレビCMをご覧いただけます(30秒)

  • リオネット補聴器のオーダーメイド補聴器ができるまでを動画でご紹介します

    リオネット補聴器のオーダーメイド補聴器ができるまでを動画でご紹介します(4分34秒)

  • 子ども向けほちょうき〝リオネットピクシー″から誕生した「ピクシーくん」と8色の仲間たちのご紹介

    子ども向けほちょうき〝リオネットピクシー″から誕生した「ピクシーくん」と8色の仲間たちのご紹介(1分5秒)

  • リオネット独自の機能「おまかせ回路」のご紹介

    リオネット独自の機能「おまかせ回路」のご紹介(1分30秒)