本文へジャンプ
  1. リオネット補聴器ホーム>
  2. こんな会社が作っています>
  3. リオンの技術・品質>
  4. 日本初・世界初の数々

日本初・世界初の数々

日本で初めて量産補聴器を発売してから今日まで

1948年

日本で初めての量産補聴器を発売

当社は1948年、日本の難聴者のために初めて量産補聴器を発売しました。

補聴器 H-501型

1956年

日本初のトランジスタ補聴器を発売

昭和31年(1956年)にトランジスタ補聴器の開発に成功しました。これは、性能の良いトランジスタが海外から供給されるようになったことが大きな要因となり、デザイナーの小杉二郎氏の協力を得て、高級型補聴器として完成しました。その後、この補聴器 H-530型は、通産省から「輸出トランジスタ補聴器の実用化」で輸出振興試作奨励補助金が交付されました。

トランジスタ補聴器 H-530型

1971年

日本初の補聴器グッドデザイン賞を受賞

昭和46年(1971年)リオネットHA-27シリーズ6種類が、補聴器としてはわが国初めての通産省Gマーク(グッドデザイン賞)に選定されました。これは、デザインの優秀性ばかりでなく、使いやすさや性能の高さ等、専門機関による厳しい商品テストを経て決められるものです。

補聴器 HA-27D型

1981年

世界初の自動騒音抑制式補聴器を発売

1983年

世界初のワイヤレスCROS骨導めがね式補聴器を発売

1986年

世界初の防水型補聴器を発売

補聴器を装用したままお風呂に入ったり、スポーツの汗や、突然の雨でも安心してつけていられるような補聴器の実現は、世界中の難聴者の願いでした。
この願いを実現するために当社は、音は通して水は通さない薄膜技術を開発し、防水の耳かけ型補聴器の商品化に成功しました。
この技術は、のちに携帯電話をはじめとする広い分野の音響製品の防水化に広く応用されるようになりました。

1991年

世界初のフルデジタル補聴器を発売

音のデジタル処理の発想は従来からありましたが、これをいかに小さくしてポケットに入る大きさにつくり、補聴器としての実用化を果たすかがカギでした。
ソフトウェアによってデジタル・ノイズリダクションやリアルタイム・コンプレッションなどのデジタル信号処理の技術で音の編集が可能になり、より快適な聞き取りを実現したデジタル補聴器時代の第一歩を踏みだしました。

デジタル補聴器 HD-10型

1994年

世界初の空気電池を使用できる防水補聴器を発売

1996年

世界初の電池無極性耳かけ型補聴器を発売

電池をどちら向きに入れても動作する機能は、お客さまの声から生まれた機能です。この機能は「おまかせ回路」として、お客さまの補聴器生活をお手伝いしています。

2005年

世界初の防水型デジタルオーダーメイド補聴器を発売

耳かけ型の防水型補聴器で培った技術を結集し、世界で初めて防水型デジタルオーダーメイド補聴器 HI-G4WE型の商品化に成功しました。
この防水型デジタルオーダーメイド補聴器は濡れても安全な全天候型タイプのため、プールや海、入浴やシャワーで着脱をせずに装用することができ、さらに外出中の突然の降雨などでも安心して装用し続けることが可能となりました。

防水型デジタルオーダーメイド補聴器 HI-G4WE型

2013年

世界初の多用途形防水保護等級IP65/IP68に適合した防水補聴器を発売

高度・重度難聴にも適応が可能なパワータイプ耳かけ型補聴器「スプラッシュ」は、多彩なデジタル機能に加え、パワータイプでありながらコンパクトサイズを実現した世界初の防水・防じん保護等級IP65/IP68(多用途形)適合の補聴器です。

防水耳かけ型補聴器「スプラッシュ」

2017年

世界初の軟骨伝導補聴器を発売

外耳道閉鎖症や、多量の耳漏などにより通常の補聴器がご使用になれない方を対象とした、世界初の軟骨伝導補聴器「HB-J1CC」を発売しました。軟骨伝導補聴器は、耳の軟骨部へ軽く振動子を接触させることにより音が伝達されるので、圧迫感が少なく、装用するための手術は必要がありません。これにより補聴方法の選択肢が広がりました。

軟骨伝導補聴器「HB-J1CC」

軟骨伝導補聴器「HB-J1CC」

  • お近くの補聴器販売店を探す
  • カタログ各種ダウンロードはこちら

おすすめ情報

  • リオネットシリーズ

    これからを楽しむ人の補聴器「リオネットシリーズ」

  • キッズ応援プロジェクト

    "聞こえる"から生まれる、未来を育てたい。リオネット補聴器から「キッズ応援プロジェクト」発足

  • リオネットピクシー

    子どもの利用を最優先に考え開発した「リオネットピクシー」

  • 日本語の特徴に着目。リオネットが新たに開発した技術 SSS Speech+

    日本語の特徴に着目。リオネットが新たに開発した技術 SSS Speech+

おすすめ動画

  • 〝リオネットピクシー″から誕生した「ピクシーくん」

    子ども向けほちょうき〝リオネットピクシー″から誕生した「ピクシーくん」と8色の仲間たちのご紹介(1分5秒)

  • リオネットプレシアⅡ

    日本人のための日本生まれの補聴器「リオネットプレシアⅡ」のご紹介(1分17秒)

  • リオネット独自の機能「おまかせ回路」のご紹介

    リオネット独自の機能「おまかせ回路」のご紹介(1分30秒)

  • 汗や湿気から補聴器を守る!「耐汗コート」のご紹介動画です

    汗や湿気から補聴器を守る!
    「耐汗コート」のご紹介動画です
    (3分25秒)