本文へジャンプ
  1. リオネット補聴器ホーム>
  2. こんな会社が作っています>
  3. こだわり・想い>
  4. 2030年 暮らしの中の補聴器

2030年 暮らしの中の補聴器

“補聴器が本当の意味で聴覚器官の一部であるためには、
            いかなる時も難聴者と一体でなければならない。”   1988 Audecibel誌

日本で初めての量産型補聴器は1948年に発売されました。以来、当社の補聴器「リオネット」は60年以上ご愛顧いただいております。その間、数々の世界初・日本初の技術を補聴器に採用し、お客様に愛される補聴器づくりに取り組んでまいりました。

リオネット補聴器の開発は、人を知り、社会のあるべき姿を考えることから始まります。お使いになる方々が潜在的に期待している未来像を描き、それを確かな技術と結びつけることで、“真に役に立つ補聴器”を価値としてお届けすることが出来ると考えています。
私たちは未来の補聴器を描くために、「補聴器の進歩への課題」「難聴者が暮らしの中のあらゆる場面で補聴器を活用できる社会環境を実現するための課題」をテーマに研究を重ねてまいりました。

リオネットが考える「2030年 暮らしの中の補聴器」の一部をここにご紹介いたします。

2030年 暮らしの中の補聴器

2030年 暮らしの中の補聴器


画像をクリックすると拡大表示します


この研究結果を基に、新しい製品の開発、新しい価値の提案、社会環境の整備等への課題に取り組んでまいります。これからも『聴こえ』の喜びと感動をお客様とわかちあい、自信と輝きにあふれた毎日を約束するブランドとして、最適な『音』の世界を目指します。

 

※この未来図は、望ましいと思われる「人々のくらしと補聴器の関係」を描いたもので、国や自治体などによる社会環境づくり等の計画の有無や、内容への関与を示すものではありません。

  • お近くの補聴器販売店を探す
  • カタログ各種ダウンロードはこちら

おすすめ情報

  • キッズ応援プロジェクト

    "聞こえる"から生まれる、未来を育てたい。リオネット補聴器から「キッズ応援プロジェクト」発足

  • リオネットピクシー

    子どもの利用を最優先に考え開発した「リオネットピクシー」

  • 日本語の特徴に着目。リオネットが新たに開発した技術 SSS Speech+

    日本語の特徴に着目。リオネットが新たに開発した技術 SSS Speech+

  • リオンはYUMIEさんのスポンサーとしてその活動を応援しています

    リオンはYUMIEさんのスポンサーとしてその活動を応援しています

おすすめ動画

  • 〝リオネットピクシー″から誕生した「ピクシーくん」

    子ども向けほちょうき〝リオネットピクシー″から誕生した「ピクシーくん」と8色の仲間たちのご紹介

  • リオネットプレシアⅡ

    日本人のための日本生まれの補聴器「リオネットプレシアⅡ」のご紹介

  • ライフステージに応じたさまざまな補聴器をご紹介するリオネット補聴器のCMをご覧いただけます

    ライフステージに応じたさまざまな補聴器をご紹介するリオネット補聴器のCMをご覧いただけます

  • 汗や湿気から補聴器を守る!「耐汗コート」のご紹介動画です

    汗や湿気から補聴器を守る!
    「耐汗コート」のご紹介動画です
    (3分25秒)